今の家を売って新しい家を買いたいのですが?

家にお住まいの方は、ある程度の自己資金と住宅ローンの組合せで購入を進めて行けます。しかし、持ち家にお住まいの方が新しく購入する(買い替え)場合には、より慎重に考えなければいけません。

買い替えの場合のポイントとして、今の家を売却せずに購入できるのか?売却しないと購入できないのか?を検討する必要があります。

① 現在の家に住宅ローンが無く、ある程度の自己資金が有り、新規にローンが設定できる。

⇒一次取得者と同じ様に考えることが出来、新しい住宅の購入に関しては深刻に考える必要はありません。考慮するポイントは、現在の家を売却したほうが良いか、賃貸に出して家賃収入を得るかでしょう。

② 現在の家には住宅ローンは無いものの、自己資金もしくは住宅ローンに難がある。

⇒新しく購入する不動産の資金に、現在の家の売却代金を充当するようになります。もし、先に新しい家の購入をする場合は、現在の家が売却出来るまで待ってもらうなど、新しい家の売主及び不動産会社に協力して頂く様になります。また、仮住まいなどの準備が出来る時は、まず売却して資金を確保してから、新しい住宅の購入に向かいます。

③ 現在の家に住宅ローンがあるものの、自己資金があり、住宅ローンを設定できる場合。

⇒新しい住宅の購入は問題ないでしょう。しかし、現在の住宅ローンの取り扱いがどうなるかによって、新しい住宅ローンの組み方や現在の家の売却方針が決まってきます。事前によく不動産会社や金融機関と相談することが大切です。

④ 現在の家には住宅ローンがあり、自己資金もしくは住宅ローンに難がある。

⇒まず売却をしお金を確保する必要があります。仮住まいが出来るのか、売却した資金で希望通り新しい家が購入できるのか、動き出す前によく検討する必要が有ります。

買い替えの場合、以下のことを不動産会社とよく相談し、検討してから動くことが必要です。

1).現在の住宅ローン残高と売却価格

2).自己資金と新しい住宅ローン

3).上記二つを組み合わせた資金計画で、希望に叶う住宅が購入できるか

4).仮住まいの検討と売却のタイミング

ページ上部へ戻る

©2009-2019 Seiwakoei Corporation. All Rights Reserved.