売る

不動産を売りたい方へ

不動産の売却にはたくさんの専門知識が必要です。「こんなはずじゃ・・・。」にならない為に! やはり地元の不動産に強い業者選びが成功のポイントです!
大きな買い物だからこそ、信頼できる会社を選びましょう。

大切な不動産を売却する。
大きな金額が動くだけに安全かつ安心して売りたいとは誰もが思うことです。
ご所有の不動産をひとつの〔商品〕として考えたとき、≪売り手=仲介業者≫の信頼が、お客様の不動産の【価値】を大きく左右することは間違いありません。

必要に応じて、税理士、司法書士、土地家屋調査士など専門家と連携を取りながら、円滑な売買をお手伝いいたします。
不動産の相続・贈与についてもご相談ください。

売却:ステップ① 私の不動産はいくらで売れますか?

  • 簡易検査

    お電話、ホームページ等からの不動産売却のご相談で、周囲の相場や販売実績をお尋ねいただけます。

  • 現地調査

    実際の不動産を現地で確認させて頂き、詳しい調査のもと[適正な価格]を割り出します。

  • 販売価格

    お客様のご要望をお伺いして、広告などに掲載する金額を決定します。
    ※査定価格と販売価格は異なります。

  • まず、不動産の価格を知ることからスタートしましょう。
  • 実際に、いくらで売れるのでしょうか?
  • 一般的には、ご近所で似たような〔土地〕や〔住まい〕が実際に取引され、成約に至った価格=実勢価格を参考に≪売れる価格≫が割り出されます。
  • 土地の場合は、毎年発表される公示価格・基準地価格・評価額等からおおよその価格を算出する事もできるでしょう。 但し、最近では需要と供給のバランスが崩れ成約価格の下落や競売物件の落札価格などが公的な評価より下回ることも多くなっています。
  • 先ずは、【価格査定】をあらゆる角度で現状把握できる宅地建物取引業者に依頼することが大切です!

売却:ステップ② 不動産の売却はどのように進められますか?

価格査定 ご所有の不動産が、どのくらいの価格で売れるかを調査します。
※宅地建物取引業法に基づく査定で、鑑定評価ではありません。
プラン作成 売却にあたってのスケジュールを立案します。
媒介契約 媒介契約3種類(専属専任・専任・一般)の中から選択して頂きます。
売却活動を展開 広告・ホームページ・各種インターネットサイトへの掲載、指定流通機構(レインズ)等、様々なメディア・ネットワークを駆使して販売活動に努めます。
売買の交渉 購入希望者と価格、引渡し時期等について条件の調整を致します。
売買契約の締結 売却不動産の最終チェックと必要書類を揃え、各種書類の作成後、契約締結の段取りを致します。
代金決済と引渡し 売却代金・各種清算金の受取りと物件の引渡しをしていただきます。

売却:ステップ③ 不動産の売却に必要なものを教えて下さい?

● 登記済権利証
土地・建物の登記が済んでいることを証明する文書です。
登記済権利証あるいは権利証と呼ばれるものです。
● 印鑑証明書
作成後3ヶ月以内のものが有効です。
● 固定資産税評価証明書・納税通知書
登録免許税や不動産取得税の計算の基礎となるものです。
● 委任状・資格証明書
一般的に登記申請は司法書士を代理人にするため必要となります。
● その他
■ 一戸建住宅・ビルの場合  ⇒ 建築確認通知書(図面が綴じて有る物)
■ 土地(宅地・田)の場合  ⇒ 公図・実測図面
■ 分譲マンションの場合   ⇒ 購入時のパンフレット・管理規約

ページ上部へ戻る

©2009-2019 Seiwakoei Corporation. All Rights Reserved.