越境している隣家への確認文章

購入した物件の敷地内に隣地の建物の外階段の足が入っていて、その隣地の所有者に次回新しい建物を建てるときは越境しない旨を文章で残す方が良いでしょうか?

他人の敷地に建物が越境していることは是正すべき事で、将来再建築する際に越境しない事は当然です。文章に残す前の常識ではないでしょうか。

本来なら、現時点で越境している事実を直ぐに直す事を請求できるところを、建替え迄待つというかなり譲歩した内容です。お互いの将来の為に文章の締結は必要と思われます。

ページ上部へ戻る

©2009-2019 Seiwakoei Corporation. All Rights Reserved.